圧倒的成長記

世界を変えるためには圧倒的な成長が不可欠

恥をかいた分だけ自由になれる。

タイトルは「多動力」より引用。

amzn.asia

人は恥をかいた分だけ、失敗した分だけ成長する。

これを知っている人と知らない人では人生に天と地の差がある。

成功のみが経験と考えている人たちは、きっとなにも挑戦してこなかったのか、めちゃくちゃ運が良い人である。

 

世の中には自分でコントロールできない問題がたくさんあり、ほとんどが予測不可能である。

その中で確実に成功することなどない。

ではどうすればよいのか?

期待にかければ良いのである。

期待値がプラスになっていれば、1つ1つの成功、失敗がランダムウォークに動いているように見えても、それを100回、1000回と繰り返したときにきれいな上昇トレンドになっているのだ。

 

ただ、1回1回の結果は市場要因など不確定要因がおおいため毎回毎回唯一のものとなる。

過去成功したことがいま成功するとは限りらない。

ただ、過去の経験から期待値を考えることはできる。

 

「多動力」にも書いてあるように、他人は自分に興味がない

Amazonceo ジェフ・ベゾスも多くの批判を受け、精神をすり減らした際に

人ごみにあえていき、他人が自分に見向きもしないのを確認するらしい。

www.lifehacker.jp

 

自分に興味がない多くの、他人の人生を生きるのではなく
一番自分に興味がある、自分のために自分の人生を生きよう。

失敗こそが人生の経験である。様々な種類の失敗を繰り返し、本当の自分の時間を生きるべきである。

 

 

f:id:settanaoto:20170814021615p:plain

金=時間×知識×リスク

diamond.jp

 

お金を稼ぐには3つの要素を考える必要がある。

  1. 時間
  2. 知識
  3. リスク

である。知識がなくともただただ言われたことをすれば、ある程度の金を稼ぐことができるだろう。

そして、そこに知識が必要な作業がはいるとより大きな金を儲けることができる。

 

ここまではたいてい誰でも考えている話だろう。

しかし、多くの人たちがリスクについて考えていない。リスクとはリターンを得るために必要な要素である。

 

では、リスクだけで儲けようと思うとどうだろう。

答えは簡単だ、カジノなどのギャンブルを考えるとよい。

リスクのみ(お金のみ)で掛けると期待値はマイナスとなる。

このリスクに、時間と知識を加えるとことにより人より多くの資金を獲得する子音ができる。

時間軸が短ければより多くの知識とリスクを必要とするだろう。

逆に時間と知識がたくさんあれば、それほどリスクをとる必要もないはずだ。

※莫大な資金を欲しているなら別の話だが…

f:id:settanaoto:20170727020140p:plain

 

 

高値持ち合い

本日の日経平均

日経平均 20,050.16 +94.96

 

となり、陰線で終わった。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり952/値下がり939とやや買いが優勢なった。

 

短期、中期移動平均線は横ばいになっており、高値持ち合いの形になった。

上昇トレンドも3ヶ月と日柄も十分である。

あとはどちらに離れるかに注目すべきである。

f:id:settanaoto:20170727014809p:plain

 

6/20の高値を超えるかに注目

7/14(金)の日経平均

20,118.86

+19.05

となった。

4/14日から上昇トレンドは続いているが、

最近の動きは安値を切り上げ、高値は切り上げていないという形になっている。

高値持ち合いに見えないこともない。

ただ、10、25、60DMAは上向きとなっており買いを暗示している。

6/20日の高値を上抜ければ、上昇に少し弾みがつくだろう。

ただ、いつまでも上げ続ける相場はないということだけ頭の片隅に入れておく必要がある。

とりあえずは、短期的な買いスウィングで細かい利をとっていくのが得策だろう。

 

イエレンFRB議長の議会証言を前に、次第に様子見姿勢が強まる展開。議会証言では、イエレン氏のハト派的な発言が米長期金利の低下とドル安・円高を誘引したことから、ダウ平均は史上最高値を更新した一方で、日本株の上値は抑えられた。

こういう、株価上昇とも下落ともとれる情報が飛び交っているから相場は難しい。

結局いくら考えても未来を充てることなどできないのだ。

我々にできることは、期待値が高いと思えるトレードを何十回、何百回と繰り返すのみである。

バーベル戦略

8割程度を安全資産に投資し、残りの2割程度をリスク資産に投資することを

バーベル戦略

という。

株式トレードに関しては、私はこういった戦略はとらないが。
(期待値がプラスと思われる戦略をひたすら実行するため)

普段の生活、自己の成長においては圧倒的に効果がある手法だと感じる。

成功している起業家はリスクをただとっていたわけではない。

失敗しても逃げ道を用意してあることが多い。

普段の安定とは別に、2割程度挑戦をする。たいていの場合2割はうまくいかないが、成長には大いに貢献される。

もちろんこの2割の選択基準はリスクが限定的で、リターンは限定的でないといった、株式トレードにも通じるものがある。

自分の成長に貢献し、当たった場合大きなリターンがある。

こういったリスク、バランスをとることが圧倒的な成長には必要不可欠である。

 

人生の10割を日々安全資産に投資していては、いずれ来る大きな変化の波に耐えることはできない。10年前当たり前じゃなかったことが現在当たり前になっている。

思考停止で時間をかければよい時代は終わった。

今はリスクを取らないことがリスクになる時代なのだ。

何が良くて、何が悪いかわからない(多くの人は思考停止で、良い悪いの基準を他人基準にしているが)時代に、自ら変化と失敗を受けれいていることが重要なのだ。

所詮自分の価値観や常識なんていつでも壊れるものだから。

 

f:id:settanaoto:20170714012640p:plain

その瞬間は唯一のものと認識し、期待値へかける

期待値といえば聞こえがいいが、それを実行することは常人には難しく感じる。

期待値的にプラスだと考えていても、その時々の結果はたいていランダムウォークになっており、失敗することも多々ある。

そう、その瞬間とは唯一のものと認識することが非常に大切なのである。

その瞬間に目を向けるのではなく、同じことを20回、100回と繰り返したときにどうなるかに目を向けなければならない。

にも関わらず失敗ばかりが責められる。

そもそも、期待値がプラスの行動をしていたか?という議論がなされない。

なぜなら、他の人にはそういう思考がないからだ。

周りが意にそぐわないことをしている際、考えてみてはいかがだろうか。

上が求めていることをスルーしてまで、なんのリターンを得ようとしているのか?

そしてそれを聞いたうえで、期待値がプラスかどうか?

でアドバイスをしてあげればよい。

思考停止しているほどこういう考えができていない。

人生は有限なのだから、期待値が低いことをやっている暇などないのだ。

2:8の法則からもわかるようにたいてい周りは合っていない。

ならひたすら思考して、圧倒的に成長すべきなのである。

 

f:id:settanaoto:20170630115444j:plain

自分の規則に厳格であり、自分の期待に柔軟であるか?

 

相場でお金をかけるとかけないとでは精神状態には天と地の差がある。

それに加え、シミレーションと圧倒的に違うのは「時間」である。

人間は時間とお金という枷をはめると、一回した売買ルールの元トレードができなくなる。

統計的に期待値はプラスであると考えつつも、その場その場のトレードが唯一のものと考えることは非常に難しい。

 

それで多くの人たちは、自分の規則に柔軟で、自分の期待に厳格になってしまうのである。

優れたトレーダーは現在の相場は唯一のものと理解している。

過去に似たようなチャートパターンが出現しており、

将来の動きを暗示していようが、その場は「唯一」なのである。

 

これを理解しないと、自分の期待(予想)を信じ切ってしまいLCを入れないなどの行動を起こしてしまう。

よって本来あるべき姿は。自分の規則に厳格、で自分の期待に柔軟であるべきなのである。

 

要するに取れるリスクを定義することができるかどうかになる。

そして、統計的に期待値がプラスにいなりたいなら、虎視眈々とそのルールを実行しなければならない。

その場が「唯一」とわかって入れば、過去の負けにとらわれず、同じことを繰り返さなければならない。