読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

圧倒的成長記

世界を変えるためには圧倒的な成長が不可欠

自分の規則に厳格であり、自分の期待に柔軟であるか?

 

相場でお金をかけるとかけないとでは精神状態には天と地の差がある。

それに加え、シミレーションと圧倒的に違うのは「時間」である。

人間は時間とお金という枷をはめると、一回した売買ルールの元トレードができなくなる。

統計的に期待値はプラスであると考えつつも、その場その場のトレードが唯一のものと考えることは非常に難しい。

 

それで多くの人たちは、自分の規則に柔軟で、自分の期待に厳格になってしまうのである。

優れたトレーダーは現在の相場は唯一のものと理解している。

過去に似たようなチャートパターンが出現しており、

将来の動きを暗示していようが、その場は「唯一」なのである。

 

これを理解しないと、自分の期待(予想)を信じ切ってしまいLCを入れないなどの行動を起こしてしまう。

よって本来あるべき姿は。自分の規則に厳格、で自分の期待に柔軟であるべきなのである。

 

要するに取れるリスクを定義することができるかどうかになる。

そして、統計的に期待値がプラスにいなりたいなら、虎視眈々とそのルールを実行しなければならない。

その場が「唯一」とわかって入れば、過去の負けにとらわれず、同じことを繰り返さなければならない。