読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

圧倒的成長記

世界を変えるためには圧倒的な成長が不可欠

「ストックデールの逆説」~楽観主義者と現実を直視しないことは違う~

ストックデールの逆説」はご存じだろうか?

ジェームズ・ストックデール - Wikipedia

詳しくは↑のwikiを見るといい。

簡単にいうとストックデールは捕虜になり8年の時を経て、帰還したのである。

自分は助かるという確信を持っていた。

しかし、ストックデールが他の捕虜と違っていたのは「現実を直視していた」ことである。

基本的に人々は自分に不利益を被る現実を見ようとしない。

これは仕事の場でも、健康に関してもそうだ。自分の病気を知るのが嫌で病院に行こうとせず、気づいた時には手遅れになっている。

現実を見ずにいかにPDCAを回すことができようか?

ただ、現実をみて石橋をたたいて渡れと言っているわけではない。

自分の将来叶えたい夢に確信を持ちそれに加え、現実を直視し、次の手段を考えるのだ。

嫌な現実を知る。これはどの人にとってもつらいことだろう。

圧倒的大多数はできていない。自分の都合の良い現実だけ見ていれば人生は楽である。

 

自分が嫌だと思ったことは大抵他人も嫌なのである。ただ、それに価値があるのは明白である。

嫌なことほど受け入れるべきで、聞きたくないことほど聞くべきで。

最も言いにくいことほど、言うべきことなのである。

これを意識するのとしないのでは天と地の差もある。

 

楽な人生を歩みたいのか、楽しい人生を歩みたいのか。

この2つは似ているようで、大きな差がある。

楽しい人生、成功を収めたいのであればすべてを受け入れ、考え、そして行動するしかない。

確証バイアスと通じるところもあるが、人は自分の好きな情報だけ受け入れる傾向にある。

この本質を理解したうえで、嫌いな情報を受け入れる姿勢を持つことが大切なのだ。

f:id:settanaoto:20161114005259p:plain